《ワークフロー》という概念 ~勤怠管理システムのシステム開発

例えば勤怠管理システムのシステム開発にもワークフローが重要

9月
10

システムの開発

radio-wfm.com

効率化を図るならワークフローで|SpaceFinder
ワークフロー、ASPのことなら|J-MOTTO
システム開発の見積りはここで調べることができます!:発注ナビ

システム開発をしよう!と言われるだけで、何だか肩がドッと重くなったような気分がする。こうなっちゃうのって、僕だけじゃないですよね?
いや何しろ、システム開発をしようなんて、字面からしてややこしそうな感じじゃないですか。つまり、何かこう、コンピュータを触ってどうのこうのしていって……みたいなことなんでしょ?

と、まあ、こんなふうに考えていた時期が私にもありましたけれど、《システム開発》の本質を過たずに受け止める必要があるでしょうね、私たちは。確かに「システム」と言われて今、思いつくものと言えば、コンピュータによるシステムですよね。
コンピュータ・システムという言葉もあるくらいですから。
けれど、システムというのは本来、何であるかといえば、たとえば組織だった存在がひとつあるとき、それが作用し、動くその体系的なことを、システムというふうにまとめているのです。
会社もそのひとつ。会社にも、幾つものシステムがありますよね、たとえば勤怠管理システムとかね。

《勤怠管理システム》という言葉を持ち出すと、やっぱりコンピュータの話じゃないか!と思われるかもしれません。勤怠管理システムを、コンピュータを使って行なっているところも多いですからね。
そう、たとえば勤怠管理システムひとつ取っても、コンピュータを使う方法もあるしほかの方法もある、システムを運用する方法にはさまざまな選択肢があるわけです。
たとえばワークフロー。急に「ワークフロー」という単語を突きつけられたって!という感じかもしれませんが、このワークフローもまたシステム開発の選択肢のひとつです。
ワークフローのシステム開発。こんな感じで話を始めましょう。

勤怠管理システムは必要不可欠なアイテムです|人事総務統合ソリューション

Tags:

Comments are closed.

Theme Distributed by Rock Kitty and Wordpress Themes